リンパの促進(リンパマッサージ)におすすめアロマ

リンパには老廃物の回収と排泄、細菌の退治、ウイルスなどへの抗体を作る、異物や細菌を血管に入れない、などの重要な役割があります。
このリンパが滞ってしますと、むくみ、老廃物が排出されないため免疫の低下、疲労、肩こりなどを引き起こす原因となります。

全身には約800ヶ所のリンパ節があると言われていますが、その中で特に重要なものは「頸部リンパ節(首の付け根、顎」、「鎖骨リンパ節」、「腋窩(えきか)リンパ節(わきの下)」、「腹部リンパ節」、「鼠径(そけい)リンパ節(足の付け根)」、「膝窩(しっか)リンパ節」です。

◆頸部リンパ節(首の付け根、顎)
ここが滞ると、肩こり、頭痛、自律神経の乱れ、二重あごなどを引き起こします。

◆鎖骨リンパ節
すべてのリンパが最後にこの鎖骨リンパに合流します。鎖骨リンパ節は老廃物の最終出口地点がある場所です。
ここが滞ると、慢性的な肩こり、肌トラブル、老化、倦怠感などが起こります。

◆腋窩(えきか)リンパ節(わきの下)
ここが滞ると、二の腕のたるみや肩こりを起こしやすくなります。

◆腹部リンパ節
ここが滞ると、子宮や腸の働きが鈍り、便秘や生理不順、子宮・卵巣の病気などを引き起こします。

◆鼠径(そけい)リンパ節(足の付け根)
ここが滞ると、下半身が太くなり、浮腫んだり冷えたり、生理通などが起こります。

◆膝窩(しっか)リンパ節
ここが滞ると、ひざ痛、足のむくみ、冷えの原因に。滞留が重度になると血管やリンパが腫れて静脈瘤になります。
「第二の心臓」と呼ばれるほど重要なリンパ節です。

こうした症状を改善したり予防するためのリンパマッサージには、ジュニパー、サイプレス、グレープフルーツ、ブラックペッパー、ペパーミントなどのアロマがおすすめです。

問い合わせ