ラベンダー(ストレス・自律神経・免疫力)

学名:Lavandula angustifolia
抽出部位:花と葉
科名:シソ科
主な成分:酢酸リナリル、リナロール

ラベンダーは鎮静効果が高いと言われ、痛みやストレスを鎮めたりすることが期待できます。

また最近の研究では免疫力を高めてくれるとも言われています。
ラベンダーと免疫機能に関する研究結果(日本アロマ環境協会HPより)
http://www.aromakankyo.or.jp/basics/literature/new/vol18.php

ローマ人はラベンダーを浴槽に入れて沐浴し、傷跡を洗っていました。
学名のLavandulaにはラテン語のlavare(洗う)という意味があり、心を洗ってくれるとも言われて古くから使われてきました。

問い合わせ