むくみの原因と解消法【リンパの促進と女性ホルモンの関係】

寝起きにまぶたがはれていたり、夕方に脚がむくんで靴がきつくなったりして経験は誰しもあるかと思います。
むくみとは、血管の外の細胞と細胞の間に余分な水分や老廃物がたまった状態になることです。

心臓から送り出された血液は動脈を経て、全身の毛細血管にへ流れていきますが、血液の一部は血管の外へ漏れ出て細胞間に流れます。
この細胞と細胞の間ににじみ出た水分を間質液といいます。

間質液は静脈やリンパ管にも流れているので、通常は一定量に保たれています。
ところが、静脈血やリンパ管を流れるリンパ液の流れが悪いと、戻りきれなかった水分が細胞と細胞の間に停滞してむくみとなるというわけです。

女性ホルモンもむくみの原因となります。
月経の1週間ほど前から、「体がぶよぶよする」「おなかがむくんで出っ張る」などの症状を感じる女性は少なくありません。
これは月経近くになると、妊娠に備えて身体に水分をためる働きをする黄体ホルモン(プロゲステロン)の濃度が高くなるからです。

また、ほかにも塩分の取りすぎ、運動不足、飲酒、同じ姿勢を続けることなどが、むくみの原因となります。
むくみを解消するには、血行やリンパの流れを促すことが大切です。
リンパ管は皮膚表面下のすぐ近くを流れているので、マッサージが刺激となってリンパの流れがよくなり、むくみも解消されます。

おすすめのアロマはジュニパーやサイプレスです。
体液の流れをよくする作用のあるセドロールが含まれ、むくみ解消が期待できます。
これらのアロマを用いてオイルをつくり、気になる部分をケアしていきましょう。

これにリンパの流れを促進して代謝を高める「ホットストーン」を加えると効果倍増です!

ホットストーンのメニューはこちら↓
http://aroma-life-creation.com/menu/%E3%82%A2%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%83%9B%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B3/

サロンで施術を受けた方で「むくみが解消した!」との声をたくさんいただいております。
お客様の声はこちらをごらんくください↓
https://beauty.womo.jp/salon294/review/

問い合わせ